通例が合わない身の回りとの温泉旅立ち

睦まじいお仲間という車で1時間くらいの所に残るヘルスケアに1泊周遊をめぐって来ました。
学徒のところから友だちで絶えず一緒に行動していた超仲良しのお仲間だ。
初めての1泊周遊だったので実際売りでした。
宿屋の趣も古風でやけにきれい的素敵な宿屋でした。
再び気分はマックスおもしろい!
はずだったのに、お仲間が部屋に案内してもらって一休みしていた場面
大きなおならをしました。なので知らんぷりだ。
お茶を呑みながらお茶菓子を食べていたら、今度は大きなゲップ。
すでに私のやる気が下がってきました。
夕食前に強みだったヘルスケアに入ったのですが、そちらもタオルで隠さず
オジサンの様に股を広げて「お先〜」と言いながら早速ヘルスケアを出て行ってしまいました。
そうして夕食も済んで胴もいっぱいになりお酒も飲んで良い気分になった位置で
仲間はものすごいイビキをかいて寝ていました。
しかも太っているので暑いと言い醸し出し室温を18度に設定して、また寝てしまいました。
その夕刻は、友達のイビキの煩さって院内の寒さで眠れなくて次の日の私の目の下には
クマができて徹頭徹尾ヘルスケアの結末が得られず帰りました。
帰りの車のオペレーションもボクだ。寝不足でイライラしていたボクに仲間は
「どうしてジリジリしてるの?」
と言いました。今や、貴女は一緒に周遊行かな〜い!http://xn--lineid-143e5a9a0zx390alhh063dhelvy9by5drsv.com