潤いと水という壮健病気。

潤いの取り過ぎには注意します。ナトリウムは、塩分から補填変わるミネラルだ。そのほとんどは血や細胞外部液の中にあって、60兆個と言われる細胞の反応を正常に働かせるベネフィットを持っています。良く知られているのは、血圧への結末だ。けれども、少なすぎるのも問題で、欠乏すると筋肉がケイレンを起こしたり、血圧が低下したりする。カリウムには、カラダの中の全ての細胞の中で体液均衡を取り、細胞の勤めをサポートする反応があります。数多く取り過ぎても、少なすぎても、ジリジリなどの見た目が出てしまいます。マグネシウムはタンパク質を出し、活力交替をサポートしています。体調に悪えいきみたいあたえます。   
取りすぎ注意しましみたい。関節痛や水ちうどくの しようぢみたいが、 起こる事が、 あります。
ちよつと 動いた後 のどのかわきかんじ すぐ ミネラルウオータ呑むようになるし やがて
出掛けるって した場合 常に 持つていくようになります。ゆくゆく汗もかかなくなり、どうしてみやく効力が進み高血圧として、高血圧の薬のみつずけるようになり、心臓びようになる不安がついて、いつもペットボトルの水もしくわおちやお手放せないようになります。興味のある方はどうぞ